Gentle Time  〜魂の在り方〜

サイキックヒーラーが書くスピリチュアルブログです

玉置神社

玉置神社

いよいよ熊野の山道を登りに登ること約1時間、熊野三宮の奥宮である玉置神社に辿り着きました。

あまり道路の状態もよくなく雨も降りそうになりながらの道のりでした。

駐車場から約20分ほど急な階段を下りていくと玉置神社の本殿が見えてきます。

まず本殿でお祈りをさせていただき、その後、ご祈祷をお願いしました。

こちらのご祭神は、国常立尊(くにとこたちのみこと)様、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)様、伊弉冊尊(いざなみのみこと)様、天照大御神(あまてらすおおみかみ)様、神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)様です。

特筆すべきは、やはり国常立尊さまではないでしょうか。

ご存知の方も多いとは思いますが、地球の主宰神で、あまりお祀りされていることがない神さまです。

今回、ご祈祷の間中、圧倒的なパワーを感じました。

国家鎮護、世界平和をお願いしました。

すると、国常立さまから個人的な事もメッセージを頂きました。

自分の天命に関することで、国常立さまからご指摘され、やっと腑に落ちたという感じです。

そして、玉置神社の名前の由来にもなった玉が埋まっているとされている場所に向かいました。

神武天皇が東征された折、この地で十種神宝の玉を置いたと言われています。

さらに山頂に上がる道は険しく、雨も降り、正直挫折しそうになりました。

主人に助けられながらなんとか辿り着き、祈りを捧げ、波動調整をさせていただきました。

こちらはの玉石社は、 大巳貴命 (おおなむぢのみこと)様がお祀りされており、かの空海などもこの場所で修行したそうです。

実は、秘密があるのですが、公に出来ないことなので控えさせていただきます。

玉置神社 玉石社

もう一つ、特徴的なのは、とても珍しい悪魔祓いの護符を分けて頂けることです。

「やまとなる 玉置の山の 弓神楽(ゆみかぐら) 弦音(つるおと)すれば 悪魔退く(しりぞく)」と詠んだ歌の看板がありましたが、修験道の山ですので、修験道に関係していると思います。

玉置山は、大峯奥駈道の10番目の行場があるそうです。

自分でもよく来れたなあとつくづく思いました。

この後、宿の龍神温泉に雨の中向かうのですが、またまた大変でした。

ですが、宿について天然の鮎の塩焼きを食べ、日本三大美人の湯に入り、極楽気分を味わえました。

巡礼の旅は、高野山に続きます。




関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Sophia

Author:Sophia
ヒーラー・ライトワーカーのSophiaです。
天と地を結び、究極の愛と光を地上に降ろしています。

また、NLP(神経言語プログラミング)などの心理学を駆使したカウンセリングと浄化、波動調整などのエネルギーワークを組み合わせてセッションを行っています。

幼い頃より観音さまとご縁が深く、サイキックかつエンパスなので、波動や見えない世界にとても敏感です。

ライトワークのために神社によく参拝しますが、神様とのやり取りやご神域の清々しい空気が大好きです。

私のミッションは、『抜苦与楽。人や神仏や土地・空間のカルマを浄化・解放し、あるべき姿にすること。過去生のカルマを浄化し、原初の純粋な魂に戻し、本来の道に導くこと。世界平和の実現。』です。

観音様のように慈悲の心と優しさを兼ね備えたヒーラーでありたいと思います。

ブログを通して、スピリチュアリティ、真理、魂の本質的な在り方、浄化、統合、調和、愛、喜び、至福、安らぎ、豊かさ、感謝、平和などを探究していきます。

何かのお役に立てれたら、幸いです。
貴方に愛と光が届きますように☆彡

最新記事