Gentle Time  〜魂の在り方〜

サイキックヒーラーが書くスピリチュアルブログです

ヒーラーとしての心得

日々、ヒーラーとしてどうあるべきか自分を戒めています。

なかでも気を付けているのは、悪魔の力に傾くことなく、謙虚に神のパイプとなること。

そして、自己顕示欲やエゴまみれではなく、愛で満たされていること。

あるブログで下記のようにエゴについて書かれていたので、覚書として残しておきます。



「ヒーラーになって人の病気を治したい」という思いも、
 プライドから生まれることがあります。
 自己満足のために人助けをする場合もあるので、
 そのことを内省しなければいけません。
 人を愛してヒーリングするのと、
 自分の利益のためにヒーリングするのとは全然違います。
 後者を「エゴセントリック(自己中心)」といいます。
 エゴはギリシャ語の自己、セントリックは中心的という意味で、
 世界は自分を中心に回っていると思っている人のことです。

 エゴイズムが一番得意な考え方は、
 「自分の間違いは小さな間違い」
 「他人の間違いは大きな罪」
 「自分はいつも正しい」というものです。
 すると自分が非難されると、すぐ感情を害して、
 怒って復讐したくなります。
 真理の探究者の心の中には、
 たとえほんのわずかな怒りでさえも、残してはいけないのです。
 なぜなら、怒りは復讐につながり、黒魔術に走る道だからです。
 
              「私は何のために生きているのか?」
              ハリー・ランバート著 ナチュラルスピリット刊より



これも気を付けたいと思います。

「スピリチュアルなナルシシズム」

 スピリチュアルな勉強をしている人たちは、
 誰でも最初は謙虚な心で始めます。
 しかし何年か経つと、修練によっていろいろな能力がついてきて、
 ヒーリングをしたり、人に教えたりすると、人が集まってきて、
 その人たちの憧れを受けます。

 すると、
 自分が何か特別な存在になってしまったように勘違いしてしまい、
 その人の成長はそこで止まってしまうのです。

 これは真理の探究者によく起こることがあるので、
 特に気をつけなくてはいけません。
 このエゴイズムは、
 昔から高いレベルの聖者たちが一番恐れていたことです。

 なぜなら、どんなに成長しても、
 この罠におちいる危険性がいつでもあるからです。 

                        byハリー・ランバート
           
関連記事

*Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.08/19 12:20分
  • [Edit]

Re: No title

ありがとうございます。
  • posted by Sophia
  • URL
  • 2014.08/19 12:25分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Sophia

Author:Sophia
ヒーラー・ライトワーカーのSophiaです。
天と地を結び、究極の愛と光を地上に降ろしています。

また、NLP(神経言語プログラミング)などの心理学を駆使したカウンセリングと浄化、波動調整などのエネルギーワークを組み合わせてセッションを行っています。

幼い頃より観音さまとご縁が深く、サイキックかつエンパスなので、波動や見えない世界にとても敏感です。

ライトワークのために神社によく参拝しますが、神様とのやり取りやご神域の清々しい空気が大好きです。

私のミッションは、『抜苦与楽。人や神仏や土地・空間のカルマを浄化・解放し、あるべき姿にすること。過去生のカルマを浄化し、原初の純粋な魂に戻し、本来の道に導くこと。世界平和の実現。』です。

観音様のように慈悲の心と優しさを兼ね備えたヒーラーでありたいと思います。

ブログを通して、スピリチュアリティ、真理、魂の本質的な在り方、浄化、統合、調和、愛、喜び、至福、安らぎ、豊かさ、感謝、平和などを探究していきます。

★吉澤式ヒーリング総合伝法ヒーラー
★吉澤式ヒーリングマスターヒーラー
★日本伝統式靈気マスター
★臼井式西洋式レイキマスター
★全米NLP協会公認マスタープラクティショナー
★日本NLP協会公認マスタープラクティショナー

何かのお役に立てれたら、幸いです。
貴方に愛と光が届きますように☆彡

最新記事