Gentle Time  〜魂の在り方〜

サイキックヒーラーが書くスピリチュアルブログです

稽古も一会

今日は、茶道のお稽古の2回目です。

割稽古をする予定です。

お稽古をしていて気付いたのですが、子供の頃についたクセがあるようです。

なぜかというと6歳よりお稽古を始めたのですが、当初、手が小さくて帛紗も小さなものを使っていました。

お道具類は、縮めるという訳にもいかないので、無理に大人用のを使っていました。

そのせいというわけではないと思うのですが、大人になって再開してみると、棗を清める時など僅かですが感覚が違う気が致します。

あまり小さい頃から訳も分からずお稽古しても仕方なかったかと思うのです。

懐石料理屋の跡継ぎだった(継ぎませんでした)ので仕方なかったとはいえ、無理があったと思います。

いっぱい水が入った水指なんて、ふらふらしながら運んでいた記憶があります。

今、師事している先生は、細かいところまで教えてくださるので、こんな中途半端な私には助かります。

もう一つ助かっているのは、手前教則のテキストです。

入門編を買って、早速読んでみました。

そこに入門の心得として、「稽古も一会」という言葉が載っていました。

よく考えてみたら、同じ先生と生徒だとしても、一つとして同じ稽古はないはずです。

そういう覚悟でこれから稽古に臨むべきだと思いました。



関連記事

*Comment

ありがとうございます

まつかぜさん 今しがたお稽古から帰ってきました。
来週から、お点前の練習をすることになりました。

元伯宗旦居士の言葉ですね。
やはり禅に通じるのか、茶道も本来、不立文字なんですよね。

他の方のお稽古を拝見するのは、本当に勉強になります。

また、いろいろ教えてくださいませね。
  • posted by Sophia
  • URL
  • 2014.07/09 17:34分
  • [Edit]

お稽古二回目と思ってました

「茶の道は、心に伝え、目に伝え、耳に伝えて一筆もなし」この言葉を稽古の時に心してます。

自分が稽古をしてる場合(点前座、客座にいる時)は以外とその点前のポイントは覚えていても、全体を見渡す目がスルーされてることがあるのをある時点で気がつきました。

ギャラリーでいる場合こそも大切と私は思ってます。

そして、師が合間にぽろっと話されることが以外と重要だったりします。

言葉多く、ついつい余計な事を書き連ねてしまいました。
お許しを。
  • posted by まつかぜ
  • URL
  • 2014.07/09 17:23分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Sophia

Author:Sophia
ヒーラー・ライトワーカーのSophiaです。
天と地を結び、究極の愛と光を地上に降ろしています。

また、NLP(神経言語プログラミング)などの心理学を駆使したカウンセリングと浄化、波動調整などのエネルギーワークを組み合わせてセッションを行っています。

幼い頃より観音さまとご縁が深く、サイキックかつエンパスなので、波動や見えない世界にとても敏感です。

ライトワークのために神社によく参拝しますが、神様とのやり取りやご神域の清々しい空気が大好きです。

私のミッションは、『抜苦与楽。人や神仏や土地・空間のカルマを浄化・解放し、あるべき姿にすること。過去生のカルマを浄化し、原初の純粋な魂に戻し、本来の道に導くこと。世界平和の実現。』です。

観音様のように慈悲の心と優しさを兼ね備えたヒーラーでありたいと思います。

ブログを通して、スピリチュアリティ、真理、魂の本質的な在り方、浄化、統合、調和、愛、喜び、至福、安らぎ、豊かさ、感謝、平和などを探究していきます。

何かのお役に立てれたら、幸いです。
貴方に愛と光が届きますように☆彡

最新記事