Gentle Time  〜魂の在り方〜

サイキックヒーラーが書くスピリチュアルブログです

鞍馬寺 ~本殿金堂~

念願だった鞍馬寺へお参りしてきました。

かの源義経が牛若丸と呼ばれた頃、修行した地であり、靈氣や吉澤式ヒーリングの発祥の地であることから、ずっとお参りしたかったのです。

今回は、鞍馬寺本殿から奥の院魔王殿、そして貴船神社にお参りするというコースだったので、山道を歩けるように、ずっと筋トレやエクササイズなどで準備をしていました。

昼過ぎになると、京都は油照りと呼ばれるような京都盆地特有の暑さになるので、早朝から出発しました。

出町柳より叡山電鉄で鞍馬に向かいました。

鞍馬に着くと、やはり京都市内より少し涼しかったですが、ちょっと山道を上がると汗が噴き出してきました。

「鞍馬の火祭」で有名な由岐神社にお参りして、大貴神さまにご挨拶し、鞍馬寺本殿金堂に向かいました。

子供の頃、一度お参りして以来なのですが、本殿前の魔法陣のような「金剛床」に覚えがありました。

この「金剛床」は、パワースポットとして有名で、宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模し、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものである尊天と一体化する修行の場であるとHPに書かれています。

中心に立つとエネルギーと繋がれると言われているので、実際立ってみると、足元から頭にエネルギーが抜けてチャクラが通るのを感じました。

20953807_1397068957075997_8909750211875696025_n.jpg


本殿では、尊天さまにお祈りをしました。

尊天さまとは、千手観世音菩薩、毘沙門天王、護法魔王尊の三体が合体し、この世に存在するすべてを生み出す宇宙生命、宇宙エネルギーのことです。

それぞれ、月輪の精霊―愛=千手観世音菩薩、太陽の精霊―光=毘沙門天王、大地の霊王―力=護法魔王尊をあらわしています。

本殿の中に尊天さまへのお祈りが書いてあるパンフレットがありましたので、転載させていただきます。

「鞍馬山尊天幸福への祈り」
 
人間をより向上させるために、
また、富と栄光とを増し加えるために、
 月のように美しく、
 太陽のように温かく、 
 大地のように力づよく、
尊天よ、あふるるみ恵みを与え給え。
この聖所に於いて、
平和が不和に打ち勝ち、
無欲が貧欲を征服し、
誠意ある言葉が虚偽を克服し、
尊敬が侮辱に勝つことを得せしめ給え。
我々の心に歓喜を与え、
我々の魂を高め、
我々の肉体に栄光を与え給え。
宇宙の大霊であり、
大光明、大活動体にまします尊天、
我らをしてみもとに集まり、
礼拝し、御心に近づく者に、
新しき力と栄えある光とを与え給わんことを。
 
すべては尊天にてまします。

 
尊天様の御影と毘沙門天さまの眷属である神獣の「阿吽の虎」の土鈴を買わせて頂きました。

五十音が「あ」から始まり、「ん」で終わることから「阿吽」は、宇宙の全てを含有すると言われています。

20992805_1399604716822421_1902060134200637703_n.jpg

ここから、木の根道を通って、奥の院に向かいます。


鞍馬寺奥宮へ



関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Sophia

Author:Sophia
ヒーラー・ライトワーカーのSophiaです。
天と地を結び、究極の愛と光を地上に降ろしています。

また、NLP(神経言語プログラミング)などの心理学を駆使したカウンセリングと浄化、波動調整などのエネルギーワークを組み合わせてセッションを行っています。

幼い頃より観音さまとご縁が深く、サイキックかつエンパスなので、波動や見えない世界にとても敏感です。

ライトワークのために神社によく参拝しますが、神様とのやり取りやご神域の清々しい空気が大好きです。

私のミッションは、『抜苦与楽。人や神仏や土地・空間のカルマを浄化・解放し、あるべき姿にすること。過去生のカルマを浄化し、原初の純粋な魂に戻し、本来の道に導くこと。世界平和の実現。』です。

観音様のように慈悲の心と優しさを兼ね備えたヒーラーでありたいと思います。

ブログを通して、スピリチュアリティ、真理、魂の本質的な在り方、浄化、統合、調和、愛、喜び、至福、安らぎ、豊かさ、感謝、平和などを探究していきます。

★吉澤式ヒーリング総合伝法ヒーラー
★吉澤式ヒーリングマスターヒーラー
★日本伝統式靈気マスター
★臼井式西洋式レイキマスター
★全米NLP協会公認マスタープラクティショナー
★日本NLP協会公認マスタープラクティショナー

何かのお役に立てれたら、幸いです。
貴方に愛と光が届きますように☆彡

最新記事